外科手術と放射線|腰痛に隠されたヘルニアの可能性|腰の痛みは早めに診てもらおう

腰痛に隠されたヘルニアの可能性|腰の痛みは早めに診てもらおう

聴診器

外科手術と放射線

診察室

前立腺がんを患っても、初期の段階では日常生活に大した支障はありません。ですが進行して、骨や骨盤などに転移してしまうと腰痛などの症状を起こしてしまいます。また、肺や前立腺の周りの臓器にも移ってしまう事があるため、初期の段階での治療が必要です。前立腺がんの治療として、外科手術やロボット手術、放射線治療、抗がん剤治療といった多くの治療法があります。一般的には外科手術と放射線治療が多いです。どんな治療でも、安心して受けられるものが利用されています。また、初期の段階での治療は、回復までの期間も短い事が多いです。転移して重度になってくると、これらの治療法を行っても回復が難しい事もあります。前立腺がんは、症状がない内に発見し、適切な治療を行う事で転移の予防を防ぐ事が可能です。

外科手術の場合、主に2種類の切開がありますが、『会陰式』という方法が負担が軽いと言われています。切開する部分が少ないのが特徴です。また、近年では『腹腔鏡手術』という方法も用いられています。放射線治療については、外から放射線をあてる方法と、身体の中に放射性物質を埋める方法があります。この放射性物質を埋め込む事で、前立腺がんを消す治療になります。埋め込まれた放射線は弱くなり、1年経てば消えるため安心です。外科手術と同じで副作用が軽く、放射線治療の評価は高いと言えます。前立腺がんは転移してしまってからでは遅いため、早めの治療が必要です。治療法は病院によって違うため、自分が信頼出来る医師に、適切な治療を行うようにしましょう。