人間ドックの利用|腰痛に隠されたヘルニアの可能性|腰の痛みは早めに診てもらおう

腰痛に隠されたヘルニアの可能性|腰の痛みは早めに診てもらおう

聴診器

人間ドックの利用

メディカル

早期発見が必要

前立腺がんとは、男性のみに存在する前立腺に出来るがんの事です。前立腺の細胞が正しく増殖出来なくなり、無理矢理増殖を行うために出来るがんと言われています。前立腺がんの治療としては、手術での摘出か放射能治療が一般的です。しかし、がんの進行具合によっては完治が難しくなるため、早期発見での治療が最優先です。前立腺がんは、比較的ゆっくりと進行するのが特徴です。転移の際は、血液やリンパにより、骨や骨盤リンパ節など離れた場所に移る可能性があります。また進行は遅いですが、骨への転移は早い場合があるため気をつけてください。前立腺がんの転移による腰痛などの症状も考えられるので、腰痛が気になる方は一度専門医での検査を受けるようにしましょう。

前立腺がんは遺伝子関連が原因と言われていますが、確実な原因はわかっていません。そのため予防は難しいと言えます。しかし、早めに発見をして正しい治療を行えば、完治する事は可能です。早めの発見のためにも、『人間ドック』などを利用して定期的な検査を受ける事が必要になります。人間ドックの血液検査では、前立腺の数値を調べられるため、特に症状がない場合でも確かめる事が可能です。前立腺がんは自覚症状が弱く、大きな症状が見られません。可能性のある症状としては、残尿感がある、尿の切れが悪い、出にくいなどの症状が見られた場合です。このような症状が現れた時は、速やかに専門医で検査を行ってもらいましょう。寝ているのに深夜トイレの回数が多い場合も要注意です。普段から気を付ける事で、転移による進行を防ぐ事が出来ます。